新社会人の営業マンに贈る! 売上を上げたければこれをやれ!

仕事効率化

気づくのに10年かかった考え方

今回は僕が気づくまでに社会人生活10年間を必要とした、

営業マンの心構え、数字を上げる為のノウハウ、働くことの意味や考え方を書きます。

4月から営業マンとして働く大学生の方や、今の仕事に悩みがある方に是非読んで欲しいです。

 

今はとにかく遊べ

現在大学生の皆さんは春休み期間の方が多いかと思います。

人によって、卒論書いたり、アルバイトしたり、遊んだりしていると思いますが、

4月からは社会人!!

今回は4月から営業マンになるあなたに営業ノウハウを伝えますが、

まず遊びましょう!!

ノウハウに入る前にまず、今遊べる状況にあるのであれば、

おもらしする程に遊びましょう。

それこそ親や兄弟に金を借りてでも、やりたかったこと、行ってみたかった場所、

我慢してたこと、全てやった方がいいです!

よく言われることですが社会人になるといきなり自由時間が少なくなります。

その代わりに収入は増えるので中途半端なことに散財しがちになってしまいます。

たまの休みにショッピングで衝動買いしてしまう、

ハズレの合コンで異性の分までおごらされる、

ストレスで風俗に行って大事故にあう。

パチスロ好きのあなたもアツイ日のイベントに行けなくなりますが、

働いていてタネ銭はあるのでつっこんでしまい負けます。

どうせこれらのいずれかを食らうので今のうちに遊んでおきましょう。

僕のステータスと仕事

大学卒業時点の僕の状況です。環境が近い方の参考になればと思います。

・私大文系(MARCH)卒

・やりたいこと特に無し

・やりたくないこと特に無し

・特筆できる資格や経験特に無し

・就職活動は一生懸命やらず

・なんとなく興味を持ったIT会社の営業マンに就職

 

ちなみに就職先はこんな感じでした。

・従業員600名くらいの外資系IT会社(ハードウェアより)

・営業至上主義(売っただけボーナス出る感じ)

・上司の年収が20代で1,000万超えてる(欲しい)

 

就職するにあたっての心構え

営業ノウハウの前に、そもそもみなさんはどんな気持ちで就職されますか?

やりたい仕事、興味がある仕事につけたのでこれから頑張りたい?

個人的に力をつけて将来は独立しようと思っている。

採用してくれるところがなくてなんとなく就職した?

人気がある企業に就職希望者が集中して、人気が無い企業では募集しても

ほとんど人がきてくれない二極化が激しい今の転職市場で

自分の希望通りの職につける人は多くは無いと思います。

私も大学生の間は遊び倒し、なんとなく受けて受かった会社に入りました。

これは適当に入った会社だから諦めて適当にやろうということではなく、

だからこそこれからの社会人生活をどう生きるか

そのマインドをあらためて持った方が良いです。

 

仕事に未来なんて考えていない?

何故、どんな気持ちで働くのか、あらためて考えてみましょう。

そもそも出世しようとしてない、

働くことは適当で良いから趣味や家族との時間を楽しく過ごしたい。

こういった考えの方もいると思います。

良いと思います。僕のまわりにもそういう人はある程度います。

ただし仕事は人生の中で3分の1程を占める時間となりますので、

働いていることが楽しくないという気持ちがあったり、

仕事をはじめて何か違うなと違和感を感じたときには、

そもそも働くことが楽しいと感じられる仕事に転職を検討されても良いかもしれません。
このあたりは僕の好きなちきりんさん(@InsideCHIKIRIN)がまとめられていることがけっこう的確だと思います。

ちきりんさんのブログ:退職決断の為の黄金基準はこれだ!

 

既に働いていて転職しようが悩んでいる方には、この表にそった決断がオススメです。

楽しくない、学べていないのであればさっさと辞めようということですね。

 

更に長いスパンで将来を考える

ちきりんさんの表は今時点で決断という感じですが、さらにもう少し長いスパンで考えてみると良いでしょう。

7つの習慣という有名な本の中では、

人生の終わりを思い描いて生活していくことが重要だと書かれています。

自分が楽しいと思える仕事をして、休日は趣味を楽しみ、

家族に囲まれて笑顔でゆっくりと逝く。

死ぬ瞬間までどのような環境の中で生きていたいか、

そこまで考えられればベストと思いますが、

まずはもう少し近未来から描いてみましょう。

1年~3年後にどうなりたいか

早く仕事を覚えたい。

どんどん売り上げをあげてボーナスをもらいたい。

この会社で出世して偉くなりたい。

スキルアップして転職したい。

等があると思います。

そのゴールにむかっていける行動を意識するようにしましょう。

何も考えずに働いていれば何にも起きません。

行動のベースとなるマインドは後述します。

 

5年後~10年後にどうなりたいか

かわいい部下がいて慕われている。社内で出世している。

大きなプロジェクトを任されてやりがいを感じられる。

興味のある業界に転職して活躍している。

独立してやりたいことをやっている。

ひと財産を稼いでいてアーリーリタイヤしている。

等があると思います。

本当にそれをやりたいのか? 常に考えて行動することが重要です。

僕の友人は3年間大手の製造業で働いていました。

とある日に、同僚からこういわれたそうです。

同僚「この会社で部長になるのが夢なんだよね~、だからきついけど頑張るわ。」

友人「・・・部長になるのが夢って。。。俺はそうは思えないな。」

その数か月後、友人はサッカーが好きだからと退職金を手に

単身ヨーロッパへ移住してしまいました。

今は向こうで楽しく過ごしているようです。

出世が夢のあなた! 本当にその会社で出世するのが夢なんですか?

そうならばそれを成し遂げられる行動をオススメしますが、

あまり楽しくは無いと思います。

 

10年後~20年後にどうなりたいか

さらに先を想像してみましょう。

結論から書くと、同じ会社に居続ける限り10年後も20年後も正直たいしてかわりません。

企業規模によりますが、大企業であれば目標が課長から部長にかわるだけでしょう。

この高齢社会の中で、上の人間はつまりにつまりまくっていますから、

あなたがいかに優秀で、会社の事業で結果を出し続けたとしても

会社がアホほど儲かって事業を大きく拡大するか、

上の人がいなくなるまであなたが部長になる順番はまわってきません。

逆に小規模のベンチャー企業で挑戦されるのであれば、

新たな事業を起こすことが目標になるかもしれません。

Gunosyやクラウドワークス等、特にWebサービス系の企業では

数年で上場した例も珍しくはありません。

本当にそのマインドで仕事を続けられそうか、あらためて考えてみましょう。

7つの習慣は漫画にもなっていますし、

終わりを思い描いて生活できるようになる素晴らしい本ですので是非。

営業ノウハウ

ここから肝心なノウハウについて書いていきます。

「石の上にも三年あらため、3年以内に力をつけてさようなら。」

今の時代に目的も無く同じ会社に居続けることにメリットは全くありません。

では短時間で力をつけてそのとき自分がやりたいことをするために、

何をしたら良いのか書きます。

まず、入社したらとにかく最初の1年くらいは上司に可愛がられる存在になりましょう。

それは上司のご機嫌を取りをしろという意味ではなく、

仕事において上司の「役に立つ存在」になろうということです。

この行動が結果として、2、3年後の自分自身の価値を高める、自分の利益につながります。

行動の例としては上司に何か仕事を頼まれた場合、

必ず期日より先に終わらせた上で追加で必要なことがあるか尋ねる。

といった自然と媚びる行動が良いです。

まともな上司であれば、こいつ使えるなと思ってもらうことができます。

 

何故、上司に媚びることが自分自身の価値を高めることになるのか?

上司に言われたことはそこそこに実施して別に好かれなくてもいいや。

付き合いで飲みに誘われるとのか嫌だし、自分の営業活動や勉強時間に

あてた方が良いのではと思われるかもしれません。

それは間違いです。

企業に就職している時点でかわいがられた方が圧倒的に得です。

直接給料や待遇面に差がでてくるだけではなく、

仕事内容も良い経験ができるプロジェクトを任されたり、

あなたがスキルアップすることができる機会を増やすことになるのです。

 

失敗が怖い? 大丈夫、問題無い!

責任が重い仕事を頼まれたら失敗のリスクがあると思われるかもしれませんが、

大丈夫です!!

仮に1,000万円や1億円のプロジェクトと言われてもそれはあなたの財布が痛むお金ではありません。

どれだけ失敗しても最終的に責任を取るのは会社側なので、

あなたが法律違反でもしない限り最悪のケースはクビになるだけです。

もしクビになっても重要なプロジェクトの経験があるという資産があなたに残ります。

転職先として受け入れてくれる会社はごまんとあるでしょう。

考え方によっては会社員でいるということは責任を企業に押し付けて、

貴重な経験を積むことができるチャンスであるともいえるのです。

この特権を生かしてぶっこんでいきましょう。

 

僕の営業体験談

僕はこのマインドとそれに基づく行動によって売上は1年目から同期の中でトップになり、

重要な顧客さや大きなプロジェクトを担当させてもらえることになりました。

1年目から自分一人の力で新規の売上なんかたいしてとれるわけはありません。

実際には先輩営業やかわいがってもらっていたエンジニアに案件をまわしてもらっただけです。

それでも組織からは評価されてどんどん貴重な経験を積めるようになります。

そして3年目にその仕事に興味を失って上司に誘われるがまま独立するのですが、

まああまりうまくはいきませんでした。

結果が良くなかったことよりもそのとき、

自分に未来を描いた意志があって決断したのかということには疑問が残ります。

そうならないように何のために働くかは常に意識していきましょう。

 

会社や上司は最後の最後に裏切れば良い

将来への希望を明確に持ちながら1年~3年くらい働いて、

自分のやりたいことで転職なり独立なりすれば良いと書きました。

皆さんは一緒に働いた仲間や世話になった上司に申し訳ないと思うかもしれません。

全く申し訳なくありません。相手もただ雇われている人です。

もし別なことをやろうというあなたに反対するようであれば、

その人はただあなたを利用していただけです。

 

ブラック会社で労働環境がきつくても頑張ってしまう理由を知っていますか?

次の職が無いから? 支える家族がいるから? 考える力すら失っている?

色々ありますが、一番ヤバイのは、

「一緒に働いている仲間がいるから」です。

辛いのは自分だけじゃない、もっと頑張らないといけないんだと思ってしまうのはやめましょう。
あなたの行動を邪魔する人はいい人でも何でもありません、

早々に見切っていきましょう。

この考えの持ち方としてオススメしたい言葉があります。

「僕はあなたの従順な犬だ。しかし最後に一度かみ殺してやる。」

上司や先輩に役立つようになるべきと書きましたが、

ときにむかついた場合は割り切ってこう思いましょう。

ご機嫌をとって自分が責任ある仕事をまかせてもらえるようにふるまい、

他にやりたいことがみつかったり、独立することを決めた瞬間に、

有無を言わさず辞めればいいのです。

一生同じことやって過ごしていけアホさようならと捨て台詞を吐いて。

 

入社して1年~3年くらいは良き社畜を演じつつ、

最後に一度裏切って辞めれば良いのです。

 

入社すると研修がスタートします。研修中の立ち回り方法をまとめています。

新社会人で営業マンになる方必見! 既に営業としての戦いは始まっている 研修中の立ちふるまい方とスタートダッシュするコツ

 

まとめ

  • まず今は全力で遊びましょう
  • 働くことの意味をあらためて考え、将来を描きましょう
  • 将来の為に意志を持ちましょう
  • 入社して1年~3年は上司の役に立ち良い経験をしましょう
  • やりたいことが見つかったらさっさと裏切って辞めましょう
  • 次回は営業活動の具体的なノウハウを書いていきます。