【時短料理シリーズ】切って煮るだけで本格鴨鍋が味わえる!!

日々のあれこれ

皆さん、中小企業診断士の資格勉強は捗っていますか。

現代人は忙しい。忙しすぎますね。

仕事で毎日早寝早起き。

飲みに行く時間も無い。遊ぶ時間も足りない。

試験勉強時間を確保することもできない。

悩みはつきることが無いですが・・・

いかにして勉強時間を絞り出すかを考えると

衣食住の時間を縮めるのがてっとり早いわけですよね。

たしかに飯も食わず、ろくに睡眠もせず、気合で頑張れば

一時的には効率があがるかもしれません。

 

しかし!!

ちゃんと栄養のあるメシを食わなきゃ戦えませんぜ!!

 

そこで今日のテーマは、

 

忙しいけど!

自炊で! 素早く!

美味いものを食う!

です。

 

3つのポイントで直ぐに始めることができますよ!!

 

包丁の使用回数を減らす

自炊の何が特に面倒なのか?

1.包丁を使って野菜を切らないといけない

2.洗い物をするのが面倒

やはりこの二つがあがるでしょう。

 

毎回食器や包丁を出して、片付けて、洗う。これが面倒になってきます。

そこでこの技です。

 

1回包丁を出したら2回分以上のメシを仕込む

こんな感じで、2回分の野菜を切ってタッパーに入れておきます。

この技に必要なのは包丁と大量のタッパーだけです。

次回はタッパーから野菜を取り出して使いますのでで、

包丁とまな板を使わずに料理ができます。

 

2回分ではなくて3、4回分を切るともっと楽になります。

しかしこの技、心配な点がひとつ、

野菜を切った後はだんだんと鮮度が落ちるらしいので、

気になる方は翌朝くらいを目途に使いきれる量にしましょう!

 

タッパーはなんでも良いですがサイズの種類があると便利、

僕はこれを使ってます。

キッチンの上に屋根を作る

洗い物をするのが面倒と書きましたが、

洗った食器を乾かして、棚にしまうのも面倒です。

水を切らないといけないですし、直ぐにしまいたければ拭かないといけません。

そこでこれです。

キッチンの上に屋根を作れ!

 

「キッチン 水切りラック」なんかで調べると色々出てきますが、

こんな感じのやつをキッチンに設置します。

 

こうすると超便利!!

最後にふき取る必要もなくなり、

次回使うときにここからとってしまえば、洗い物を毎回しまう必要もなくなります。

 

なかなかにものぐさな感じになりますがまあ男の一人暮らしなんかこんなもんです。

快調に時短を実現してますね。

 

水切りラックは様々な種類がでてますので、

選ぶ際は用途はもちろん、キッチンのサイズをしっかり測りましょう!

 

煮込んで放置

時短で栄養も取れる簡単な料理方法それは、

煮込む

これだけです 笑

はたして料理とよべるのか!?

先程の切った野菜ですが煮込んでどうなったかと思いますか?

 

切っただけ(ビフォー)

 

 

この野菜を適量とってついでに冷蔵庫に余っていた豚肉を鍋に入れて煮込みます。

すると・・・

煮込んだだけ(アフター)

 

味付けは鴨せいろつゆのみ。

鴨せいろつゆを入れて野菜などをグツグツと煮込んで、最後に卵でとじときました。

 

簡単。美味。かなりイケてます。

これが鴨せいろつゆです。これで煮込むだけ鴨鍋っぽい味わいに。

 

番外編

包丁を使う前提で時短の技を書きましたが、

一番楽なのはコレ。

 

米+レトルトカレー

 

米だけ炊いてこれに小分けにして冷凍しておきます。

 

そしてレトルトカレーをご飯の上にオン。

ボンカレーシリーズならレンジでチンでいけるので、

湯銭用の鍋すらも不要です。

 

ボンカレーをチンしてレンジにオン

「ボンをチンでオン」ってリズムも最高ですね。

 

ボンカレーの中でもオススメはコレ

ボンカレーネオ

リッチ感がかなりあって、ノーマルボンカレーに戻れなくなります。

 

僕はカレーと一緒に野菜もしっかり取りたいので、先程切った野菜をざっとゆでて

こんな感じでカレーに加えます。

 

かなりリッチな自炊飯ですが、これでも350円くらいですからね。

 

ボンカレーをノーマルにすれば200円台もいけるはず。

 

こんな感じでレトルトカレーを食いまくっています!

AmazonのパントリーMAXまで買った話はこちら。

 

Amazon パントリーのMAXまでカレー買ってみた

 

一通り食べたら勝手にレビューしようと思いつつ、なかなか食い切れていません!

レビューをお楽しみに!

→追記。レトルトカレーをレビューした記事はこちらです!

AmazonパントリーMAXまで買ったカレーの続報 勝手にレトルトカレーおすすめランキングもあるよ

それではまた!!