【春秋要約20180304】働き方改革の裁量労働制の拡大って何だかよくわからない人へ

日々のあれこれ

本日の日経春秋はこちら

国語力をアップする!日経春秋のやり方はこちらの記事でまとめています

 

裁量労働制の拡大部分削除について簡単にまとめてみました。

今週は何件か働き方改革関連の日経春秋がありました。

3月2日の春秋でも国会での裁量労働制の拡大部分削除を取り上げていますね。

お恥ずかしながらこの問題、僕もよくわかっていなかったので少し勉強してみました。

簡単にまとめると以下の内容となります。

 

  • 裁量労働制度=残業代を払わずに従業員を使い倒せる制度 ※
  • 裁量労働に該当する業種を増やす(裁量労働制の拡大)
  • まとめたデータに不備があって野党にチクチク言われた
  • 話が尾を引くの恐れて拡大部分を削除
  • 経済界から非難轟々

※ただし、法律で認められた業種でしか裁量労働制の対象にできない。

 

裁量労働制って会社と従業員の間で決めた契約関係かと思っておりましたが、

対象とできる業種に制限があったりとそう単純ではないようです。

 

僕はずっと営業をしてきて残業代をもらった経験はないのですが、

営業のような成果がはっきり数字で見える業務は裁量労働制でも良いのかなと思います。

デザイナーとかプログラマーのような日毎の成果が見えにくかったり、

終わりを引きにくい業務だとなかなか難しいところもありそうです。

 

今回は拡大を見送るとの話ですが、中身を勘違いしてしまうと

企業側が不当に従業員に残業をさせるなどのケースも発生してしまいそうです。

企業側も従業員側も正しい理解と運用が必要ですね。

 

詳しいところはこちらのサイトで勉強させてもらいました。

それでは今週も頑張って行きましょう!!