このままでは試験に受からない!?マズローの欲求5段階説に逆らってモチベーションを刺激

日々のあれこれ

みなさんは、マズローの欲求5段階説をご存知でしょうか?

マズローは人の自己実現や欲求を研究を行い、

資格試験に挑むみなさんの モチベーションの上下にも関連する重要な考え方を生み出したのです。

自己の欲求を理解してコントロールできれば、勉強に集中できて受かること間違い無しです!!

なかなかやる気が出ない。そもそもなんで資格を目指したんだっけという方には是非読んで欲しいです。

 

マズローの欲求5段階説は診断士の1次試験、企業経営理論の範囲でもあります。

ここで整理しておきましょう。

この人がマズローさん。(1908年ー1970年)

アメリカ生まれの心理学者で、人間の自己実現を主な研究対象としていました。

「人間性心理学」の最も重要な生みの親とされていて、

欲求の5段階説(欲求のピラミッド)を主張したことで有名です。

 

欲求のピラミッド

人の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、下から順に満たしていこうとするのである。という説です。

下の階層が満たされるとより上の階層を満たそうとします。

第一階層:生理的欲求

生きていくための本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たい等)です。この欲求が満たされると次の階層「安全欲求」を求めるようになります。満たされていない場合は食うこと、寝るところに困ってますという感じ。

第二階層:安全欲求

安全・安心な暮らしがしたい(倒壊の恐れが無い家・健康でいる等)という欲求です。この欲求が満たされると、次の階層「社会的欲求(帰属欲求)」を求めるようになります。満たされていない場合は病気になりそう、身体に不安がある、家がボロボロという感じ。

第三階層:社会的欲求

集団に属したり、仲間を求めるという欲求です。この欲求が満たされていない場合、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなると言われています。友達や彼女が欲しいという感じ。

この第三階層までの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)です。これより上の階層は内的に満たされたいという欲求(高次の欲求)に変わります。

第四階層:尊厳欲求(承認欲求)

尊厳欲求(承認欲求)は他者から認められたい、尊敬されたいという欲求です。満たされていない場合は、いくらやっても自分の仕事が評価されないという感じ。

第五階層:自己実現欲求

自分の能力を引き出し創造的活動がしたいという欲求です。既にまわりから評価はされ、生活に困ることもありませんので、やりたいことをやるという感じですね。

 

資格試験に挑むあなたの状況は?

マズローの欲求5段階説で考えると、資格試験の勉強中の皆さんは第二階層までは満たされている方が多いのではと思います。

食うところや住むところに困っている状況で資格試験に挑もうという方はなかなかいないでしょうからね。

おそらくは尊厳欲求として資格を取ることで社会的に評価を得たいと考えていたり、

自己実現欲求として診断士になってやりたいということがある方が多いのではないでしょうか。

僕もそうです。

診断士になって独立してやりたいことがあるから受験することを決め、日々仕事をしながら勉強しています。

しかしなかなか思うようなペースで勉強が進んでいない。

何故なのでしょうか。

 

ここで僕は考えました。

安全欲求や社会的欲求が充分に満たされているからこそ、

尊厳欲求や自己実現欲求を満たそうと

気になれないのではないでしょうか。

 

マズローの考えでは段階を飛ばすことは無いです。単純に言えば、食うのに困る人が資格を取って他者に評価されたいとは考えないということです。

しかし、僕は心のどこかでもし受からなくても今の仕事を続ければいいかなとか、

一応周りに評価されてるし給料もそれなりに悪くないしとか考えていたのでしょう。

元来、僕はがけっぷちにならないと気合が入らないタイプなのかもしれません。

 

そこで!!会社をやめました!!

正確には昨日辞表を出しましておそらく来月で終わりです!!

資格を取って承認欲求を満たしたいどころか、受かって独立しなければ安全欲求がおびやかされ、路頭に迷います。

まあ最悪実家に帰れば良いので本当の意味で安全欲求が脅かされてはいないかもしれませんが、危機感があることはたしかです。

皆さんも参考にと簡単には言えませんが、なかなかやる気があがってこない方は

退路を断つ決断をされてはいかがでしょうか。

 

具体的な対策

しかし退路を断って頑張ろうというだけでは、人間簡単には変わりません。

僕の好きな大前研一先生もこう言っています。

「人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。」

明日から一生懸命がんばるぞという決意は何の役にも立たないわけですね。

そこで具体的な対策も講じていきたいと思います。

  • 会社をやめる
  • 朝2時間勉強をする

先送りにしてしまうクセがあるので午前中にやることをこなしていきます。

1か月以内にこれを週間できなかった場合、引っ越します!(住む場所を変える。)

引っ越しても改善しなかった場合、数少ない友人を総入れ替えします!笑(つきあう人を変える。)

 

次回、1か月後には退職してますので、退路を断った結果をお伝えします。

モチベーションをあげる際にオススメの本もありますよ!

モチベーション革命を読んで強み診断したらモチベがあがった