ございません。ございません。の裏でカジノ法案が進んでいるもようです

日々のあれこれ

今日の日経春秋はこちら

国語力をアップする!日経春秋のやり方はこちらの記事でまとめています

 

今日の記事は以下の人には興味を持って読んで頂けると思います。

記事をオススメできる人
  • カジノ法案に興味がある
  • ギャンブルがけっこう好きだ
  • 意外とギャンブルをやってしまう
  • 気がつくとパチンコ屋にいたり競馬場にいることがある
  • ぶっちゃけギャンブル依存症だ

 

統合型リゾート(いわゆるカジノ)法案の成立

国会では「ございません、ございません。」の空前絶後のございませんフィーバー?が起きておりますが、

実はその裏で 統合型リゾート(IR)実施法案、いわゆるカジノを肝とした法案について今国会中の成立を目指して、議論が続いているようです。

▼政府が今国会での成立をめざす、統合型リゾート(IR)実施法案の話だ。IRと呼べば高尚だが、肝はカジノである。政府案はカジノへの入場を「連続する7日間で3回」などと制限したうえで、入場料を2千円とした。これを厳しすぎるとみる自民に対し、公明からは入場料は8千円程度に、との声が出ているという。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXKZO28411750S8A320C1MM8000/より引用

裏で隠してこっそり進めているというわけではもちろんないと思いますが、

国民の関心事の優先度やマスコミの報道姿勢から他の重要な法案よりも、わかりやすくてやり玉にあげられる内容ばかりが目立ってしまうというのは良くない風潮ですよね。

特に僕のように受動的にニュースに触れている層にとっては知らぬ間に進んでいることも。。。国民が能動的に知識欲をもって政治に積極参加することも重要ですね。

そこで今日はカジノ法案について考えてみましょう!

カジノの妥当な入場料は?

さて、カジノの入場料を議論しているとのことですが、

皆さんはカジノの妥当な入場料はいくらだと思いますか?

海外からの観光客に来てもらってガッポリ儲けるという点では高くした方が良いかもしれませんが、

日本国内の客が継続的に通ってお金を落として経済をまわすという点では、あまり高いと継続しては行かなくなってしまいますよね。

僕も以前に東京スカイツリーに行ったときに、一番上まで行くのに3,500円くらいかかりまして、もう2回目来ることはないだろうなと思った記憶があります。しかも曇りの日でした。笑

スカイツリーはそもそもリピート率の高さを狙ってないような気もするので、金額が高い設定なのかもしれません。

あとエレベータの維持費用とかも高そう。笑

逆に街の居酒屋みたいなビジネスモデルで週に何回か通ってもらうような狙いがあれば、単価を下げますよね。

 

カジノの入場料について、適正な価格を幾つかの指標で考えてみたいと思います。

 

カジノができる場所

そもそもカジノってどこにできるのでしょうか。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンは多くの人にとって遠くにあるので相応に運賃がかかります。

わざわざここまで来たからしょうがないという気持ちで少し高くても入場料を払う、テーマパーク内の少し高いご飯も食べるという感覚はあると思います。

逆にどこにでもある駅前のパチンコ屋で入場料を取られたら誰も行かないですよね。

カジノの建設数や場所の詳細も議論中ですが、以下が候補ではないと言われています。

 

カジノの候補地①大阪(夢州)

夢洲はもともと大阪オリンピックを開催するためにつくられた人工的な島です。

誘致に失敗し、現在は広大な空き地となっています。

夢州カジノのイメージ

夢洲 カジノ

近代的でかっこいいですね。

夢州までの運賃と所要時間

・大阪駅から:約500円、約1時間30分

・関西国際空港から:約1,500円、約2時間

大阪からの料金はそれなりですが、ちょっとアクセスしにくい場所にあるようです。

 

カジノの候補地②横浜(山下埠頭地区)

山下埠頭も有力な候補地の一つです。

カジノに加えて商業エリアや大型ホテルを併設した大規模リゾート計画案があります。

また横浜という立地から東京オリンピックに絡む需要も見込んでいるようですね。

山下埠頭地区カジノのイメージ

カジノ 横浜

球場も計画にあるようです。まさに複合商業施設です。

山下埠頭地区までの運賃と所要時間

・東京駅から:約700円、約1時間30分

・羽田空港から:約800円、約40分 ※リムジンバス

羽田空港からバスで行けば40分! これはかなりの集客が見込めそうな立地です。

 

所要時間と運賃

2つの候補地を見てみるとカジノに行くためには、おおむね以下の運賃と所要時間を見ておく必要がありそうです。

・片道の運賃:約800円

・所要時間:約1時間

 

建設地の候補から運賃と時間を整理してみたのですが、ざっくりディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンと同じ程度と言えそうな数値となりました。

 

一度に使う金額と利用頻度

1度にカジノに行くとどれくらいのお金を使うのでしょうか。

また、週に何回くらいカジノに通って遊ぶのでしょうか。

全く想像もつきませんので参考例を出し、仮定を立てながら考えてみたいと思います。

 

競馬場で使う金額

ある調査では1レースで使う金額の平均500円、週に1万~2万使うと言われています。

1日には12レース開催され、東京と阪神等、基本的には複数の場所で同時開催されますので、

たしかに妥当性のある金額に感じますね。

競馬場に通う頻度(馬券を買う頻度)

好きな人は毎週競馬場に行っているかもしれませんが、近いところにはありませんので、競馬が好きという方もせいぜい2か月に1回程度でしょうか。

しかし馬券は電話投票やインターネット投票ができますので、競馬をやる方の多くの人は毎週馬券を購入しているのではないかと思います。僕もほぼ毎週購入しています。

 

パチンコで使う金額

こちらもある調査によれば、1回に1万5千円程度使うと言われています。

体感ですが最近のパチンコ台はそれくらいの金額で1回くらい当たりをひけるような感じがあります。

5千円や1万円と決めて当たらなくてもすっぱり帰る人もいれば粘って続ける人もいるであろうことを考えると、

これも妥当性がありそうな金額です。

僕はほとんどパチンコ屋には行かないのでたまに行くとアツくなって粘ってしまうタイプです。笑

パチンコ屋に通う頻度

好きな人は毎週末に通っているようなので、週に1回程度と言えそうです。

 

上記より、競馬やパチンコに使う金額は、週に1万~2万円程度ではないかと推測します。

 

カジノへの行きずらさを考慮して係数を考える

競馬やパチンコを例にして、1日に使うであろう金額の目安はわかりました。

これにカジノならではの係数をかけてカジノに利用する金額、妥当な入場料を推測してみたいと思います。

カジノは行きにくい場所にある

競馬はインターネットで馬券を購入できますし、パチンコ屋は近所にあって手軽です。

カジノは1時間はかかる距離にありますし、複合的な施設として楽しさがあふれていることが推測されますので、いわゆるお祭り効果が働くことが考えられます。

普段ランチに700円程度利用する方が、ディズニーランドに行くと1,000円程度のランチをしかたなく食べるのではないかと考えると、1.5倍程度の効果が働くと仮定します。

競馬やパチンコに利用する金額:15,000円⇒カジノに利用する金額:22,500円

 

ギャンブルなのかテーマパークなのか

競馬やパチンコとカジノとの違いとして、そもそもギャンブルとしてとらえているのかもポイントになりそうです。

特にパチンコと比較すると明確ですが、パチンコはパチンコ屋の中に他の娯楽要素が無いのでギャンブル要素が強いです。

一方で競馬の場合はお子さん連れでも遊べるように遊具があったり、ビールフェスやB級グルメの出店イベントを併催していたりと、必ずしも馬券を買わなくとも楽しめる要素が多いです。

カジノの場合も複合施設で競馬場に近いイメージになるかもしれませんね。

また、競馬やパチンコと異なり、ギャンブルに参加する為の軍資金の他に入場券が必要となりますので、この点を考慮すると、あまり高い金額にしてしまうとそもそも人が来なくなってしまうとも考えられます。

※競馬の場合200円程度の入場券が必要となりますが、少額の為、ここでは省きました。

 

多少はテーマパークの要素があるとして、ディズニーランドの入場券の半額と仮定してみました。

ディズニーランドのフリーパス:7,400円⇒カジノの入場料3,700円

 

 

まとめ▼

1回カジノに行くと平均で22,500円使用するのではないか

カジノの入場料は3,700円が妥当ではないか

 

以上、ざっくりとカジノについて考えてみました。